【FAAP実践記】芸能関係の記事は悪?ドメインパワーとグーグル評価の関係に迫る

こんにちはボンジです^^

いよいよ、AKB48の2018年
選抜総選挙が近づいて来ました!

かつてトレンド系のアドセンスに
取り組み始めたころ選抜総選挙
ネタでドカッとアクセスを集めたことがあります。

2時間くらいで2000アクセス
以上集めることができ
「AKBやっぱすげ~」となったものです。

思い返すと記事の内容はスカスカでしたけどね。。

いや、記事ですらないかも。。。

たしか、2014年ぐらいに作成
したと思うのですがリアルタイム
で順位発表を追いかけてゴリゴリ
記載していっただけです。

名前の漢字が分からないところは
平仮名のままで済ませたり・・・。

しかし、ガツンとアクセスが来たおかげで
ドメインにパワーがついた実感があります。

その後の、アクセス数が確実に向上しました。

短期トレンドネタのメリット

短期間しかアクセスを稼がないネタを
その日限りの爆発アクセスだと軽視する
人もいますがそれは間違いです。

サイト自体を強くする効果があるので
ショートレンジネタも決して悪くありません。

むしろ、初期段階では積極的に取り入れるべき
だと思います。

早いうちからサイトを強化することは
メリットしかありません。

他の記事の順位も上がりやすくなるという
最高の恩恵にあずかれますから。

だから、あなたが作成しているのが
生活の知恵などのお役立ち情報中心の
サイトであっても積極的に活用することを
オススメします。

お役立ちサイトに芸能記事を投稿することで
サイトの印象が変わることを心配するかもしれませんが
後々、記事を削除すればいいだけです。

訪問者はあなたが思うほど気にしません。

それに、法律上の問題が起こることも考えて
私は顔などの画像を1枚も使いませんでした。

だから、著作権や肖像権などの問題にも一切
引っかかりません。

文字だけの構成でOKです。

ウソや誹謗中傷を書く必要もないので
お叱りや罰を受けることもありません。

もし、キーワード選定も記事もしっかりしてるのに

「自分のサイトはアクセスが伸びないなあ」

と悩んでいる人がいましたら
ショートレンジネタを取り入れることを
オススメします。

芸能以外のネタ

いまとなってはAKBの総選挙ネタも
ライバルがずいぶん増えてしまいましたが
ショートレンジネタはいくらでもあります。

芸能ネタだけじゃなくスポーツネタも
おいしいですよ。

野球、サッカー、その他なんでも。

マイナースポーツでも爆発的なアクセスを稼げます。

プロだけじゃなく高校競技でもいけます。

高校野球なんて分かりやすい例ですね。

ただし、くれぐれも奥さんがブスだとか
薬物中毒だとかウソやウワサを書くのは
やめましょう。

訴訟を起こされたり逮捕される人が
ニュースになっています。

相手も傷つくし法的にも罰せられるし
なにより自分自身の価値を落とすだけです。

それに、自分で書くのが億劫なら
ここも外注さんにお願いしてしまいましょう。

テレビ番組の感想なら喜んで書いてくれる
外注さんはいっぱいいますよ。

フルオートメーションアドセンスパッケージ
ここでも活躍してくれます。

メルマガ登録のご案内

>>ボンジ通信の登録はこちらをクリック

・メルアドだけで登録OKです。
・不要と感じたら即解除できます。